水道工事で必要な資格とは?給湯器 交換は自分でできるのか

給湯器 交換が必要になってしまった時はどのように対応するのが正しいのでしょうか。取り付けだけなら自分でできるかもしれないと考えている人もいます。しかし、給湯器には水道だけでなく、ガス管も接続するため知識のない人が工事してしまうことはとても危険です。きちんと専門の資格を持った人に依頼するようにしましょう。給湯器を正しく取り付けるために必要な資格について知ることで業者選びにも役立ちます。

■管工事施工管理技士とは

管工事施工管理技士は配管工事のスペシャリストです。ガス管だけでなく、冷暖房設備や、水道管、給排気などの配管などを自宅で使用することができるように安全で品質よく作業してくれる資格になります。これは国家資格となっているため、給湯器 交換を安全に取り付けしてもらえることでしょう。作業の工程などを計画することもできるので、給湯器が安全に使えるか不安と感じている人には特におすすめの資格です。1級、2級とありますが一般家庭で行う場合はどちらでも大丈夫です。大規模な工事の時は監理技術者となるために1級の資格が必要となっています。

■水道局指定工事店とは

業者を探す際にインターネットなどで調べたりすると、きちんと対応してもらえる業者なのか不安になってしまうことがあります。特に初めて依頼する場合は躊躇しやすいです。そんな時に不安にならないための業者選びで役立つものが、水道局指定工事店です。これは水道設備の工事を正しく行える技術と設備がある業者に市町村が認定しているものになります。身元がしっかりしているので安心ですし、技術も認められています。給湯器 交換を検討している時は、これを保有している業者から工事を行ってもらうと安全に取り付けしてもらえることでしょう。トラブルが起こった時に水道局に相談できるのもこの指定がある店を選ぶメリットになります。

■まとめ
給湯器 交換や設置しようとしている時に役立つ資格はいくつかあります。給湯器は配管などが複数必要で、自分で取り付けを行うことが難しくなっています。危険な作業のため紹介したものを参考に、業者へ依頼するようにしましょう。水道局指定工事店であれば実績も多くなっています。いざという時のために事前に調べておくことが大切です。資格を保有しているかどうかについてはホームページなどで公表している会社もあります。調べてみると簡単にわかるので気になった方は調べてから依頼するのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ