水道工事で費用を安く抑える方法とは

水道が故障してしまった時にできるだけ修理費用を安く抑えたいと誰もが思います。しかし、知識があまりない場合安くする方法が分からず高額な請求書を見て驚いてしまうこともあるのではないでしょうか。水道工事を行う際にかかる費用について知っておくことで費用を安く抑えることもできるようになるでしょう。

■修理業者への連絡で料金が変わる

水漏れが起こってしまうと何とか水を止めたくてすぐに業者へ連絡してしまいます。浸水や水道料金が不安なので急いで連絡したくなってしまいますが、連絡するのを一旦待ってみましょう。大量の水漏れでも止水栓を使用することで水を止めることができます。水が止まってしまえば落ち着いて考える余裕が生まれますので、それから業者に連絡します。
連絡する時はできるだけ、深夜や早朝に連絡しないことがポイントです。このような時間帯に連絡すると加算料金が発生してしまいます。土日や祝日などに連絡するのも同様で、加算が発生するケースがあります。水道の調子が悪いようであればできるだけ平日の昼間に工事してもらうことで料金を抑えることができるでしょう。ただし、急を要する場合は被害が拡大する前に連絡することが大切ですので、その時の状況で判断しましょう。

■リフォーム工事でお得

使用年数が経過している蛇口や、給湯器は修理をする前にリフォームや交換を検討してみましょう。最初の費用は高くなるかもしれませんが、修理回数が重なるよりは結果的に安くなる場合が多いです。水漏れが繰り返して起こっていたり、修理回数が増えてきたと感じたときは交換のタイミングです。修理だけでなく、リフォーム工事もできる業者であれば相談にのってくれますので、話を聞いてみましょう。
そして新しい機械は光熱費を抑えられるものや、節水タイプのものが多くありますので、これらの費用が従来よりも安くなるメリットがあります。機能も便利になるので使い心地も改善されるはずです。

■まとめ
トラブルが起こると慌てて連絡してしまいがちですが、落ち着いて時間や曜日を気にしながら連絡してみましょう。故障個所を細かく説明することで業者が部品の用意をしやすくなり、時間的に早く直せることもあります。業者に連絡をするときは状況や故障場所などを詳しく話しましょう。
リフォームや交換なども検討することで工事回数が少なく済み、費用を抑えることができます。古いものは部品全てが劣化している可能性があるため、10年程度を目安に検討すると修理費が抑えられるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ